夏着物の着付け注意点とは?

てるよ女将です。夏の着物といえばゆかた!ですよね。

ゆかたにも色々な色柄があって、

最近では着物のように着ることができるゆかたも見受けられます。

おとなゆかた

ゆかた

こちらのゆかたは、藍色の地色に糸菊が白く染め抜かれています。
ゆかたの生地も綿紬になっていて、一見するとお着物のよう。
こんな「大人ゆかた」の場合は、衿を付けて着物のように着てもステキ。
そんな場合は、足袋をはくといいです。

絹の着物は敷居が高い!
そんな風に感じる場合は、ゆかたを着物風に着てみることからチャレンジするといいですね。
半巾帯を、お太鼓風に結んで、帯揚げ帯締めを使えば、より一層ランクアップできます。

ご不明な点があれば、ぜひてるよ女将の着付け教室にお申込みください。

着付け教室はこちら

ご連絡お待ちしています。

読者登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

着物と絵画

次の記事

綿絽のゆかた